NPO法人 シマフクロウ・エイド

団体情報

会員種別 正会員
フリガナ シマフクロウ・エイド
英語表記 Specified Nonprofit Corporation Fish-Owl AID
代表者 菅野 正巳
フリガナ スガノ マサミ
郵便番号 088-1364
市町村
住所 厚岸郡浜中町茶内若葉2丁目36
電話 0153-65-2183
FAX 0153-65-2183
メール office@fishowlaid.jp
担当者 菅野 直子
フリガナ スガノ ナオコ
活動の柱は保護・保全と普及・啓発です。図のように「知る・守る」ことを通して得た成果や課題を、環境教育や広報などで地域や社会に還元することによって、保護保全と普及啓発の同時推進を図っています。その結果、外側にかかげた目標が達成されていき、この活動が他地域へ波及することによって、現在課題となっている移動分散や近親交配を助ける緑の回廊の復元につながっていくを想定し取り組んでいます。
ホームページURL https://fishowlaid.jp
活動拠点 浜中町
活動目的 地域の暮らしや一次産業を支える水源林の保全について地域主体の取組みとしていくことで、生物多様性保全と地域創生の両立とし、絶滅危惧種シマフクロウの安定した未来につなげることを目的としています。
活動内容 【保護・保全事業】■シマフクロウの生息調査、モニタリング、生息地パトロール等の実施 ■補助給餌の実施 ■植林地メンテナンスの実施
【普及・啓発事業】■環境教育「シマフクロウ学習」の実施 ■広報:スライドトーク、パネル展等の開催、サポーター・寄付の募集など
設立・法人化年月日 2008年設立
会員種類・人数 170名
その他webサイト 【English】https://fishowlaid.jp/en/
【Facebook】https://www.facebook.com/FishOwlAid/
【Blog】http://blog.canpan.info/foa/?1363681870

活動地

シマフクロウの保護・保全と普及・啓発の推進:NPO法人 シマフクロウ・エイド

活動場所自治体 浜中町ほか
活動場所 浜中町及び周辺域
活動内容 絶滅危惧種シマフクロウの保護・保全を適切で効果的に進めるモニタリング調査など保護・保全活動と、保護の成果や課題を還元している子どもたちへの環境教育や一般向けスライドトークなど普及・啓発活動の推進
活動地所有者 浜中町、個人、北海道
連携団体等 浜中町、浜中町教育委員会、認定NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト、NPO法人えんの森、釧路総合振興局森林室、公益財団法人 日本野鳥の会

ライブラリ

パンフレット・冊子 NPO法人シマフクロウ・エイド パンフレット(圏外版)
発行元:NPO法人 シマフクロウ・エイド
発行年月日:2018年1月
内容:「生物多様性保全と地域創生で、シマフクロウの安定した未来を目指す」NPO法人シマフクロウ・エイドの取り組みをご紹介しています。
この一冊で当活動趣旨、活動概要、活動への参加方法がわかります。QRコードからさらに詳細を知ることも出来ます。

パンフレットは北海道内外の関係機関や店舗等に配架しています。配架先はこちらhttps://fishowlaid.jp/links/

報告書 年度事業報告書、決算書
発行元:NPO法人 シマフクロウ・エイド
発行年月日:毎春更新
内容:2008年団体設立年から各年ごとの活動状況をお知らせする事業報告書、決算報告書を当ウェブサイトにて公開しています。